/

この記事は会員限定です

終末期の意思、地域で共有 望む最期を連携支援

[有料会員限定]

「自宅で最期を迎えたい」「延命治療は希望しない」など終末期の医療について患者や療養者が事前に話し合うアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の定着に向け、本人の意思を地域の医療・介護現場で共有する環境づくりが注目されている。専門家は「望む最期を地域で実現させる体制が必要だ」と訴えている。

ACPは人生の最終段階の治療・療養の意思決定を支援するための家族や医療関係者らとの話し合いを指す。厚生労働省が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1996文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン