/

事務局元幹部が市議辞職 愛知リコール署名偽造事件

愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で、運動事務局の元幹部で同県常滑市議の山田豪氏(52)が15日、市議会議長に辞職願を提出し許可された。理由は「一身上の都合」としている。山田氏は当初不正への関与を否定していたが、2月に県警から事情聴取を受けて以降は「何も話せない」としていた。

リコール運動を巡っては、運動事務局の指示を受けた名古屋市の広告関連会社がアルバイトを大量動員し、佐賀市内で署名を偽造させていた疑いが浮上。愛知県警が地方自治法違反容疑で捜査している。

運動を主導した高須クリニックの高須克弥院長や、支援した名古屋市の河村たかし市長は不正への関与を一貫して否定。元県議の田中孝博事務局長も当初は関与を否定していたが、3月末の記者会見では捜査を理由に「差し控えたい」と述べた。

県選挙管理委員会は、運動事務局が提出した約43万5千人分の署名のうち8割超を無効と判断した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン