/

子ども自殺が最多479人 文科省会議、対策提言へ

文部科学省は15日、児童生徒の自殺予防について検討する有識者会議を開き、新型コロナウイルス流行による一斉休校などがあった2020年に自殺した小中高校生は統計のある1980年以降最多の479人(前年比140人増)だったとのデータが示された。

特に8月は前年同月の2倍を超える64人で、会議は早急に対策を提言する方針を確認した。

厚生労働省などの統計を基にしたデータによると、女子高校生の自殺者は138人で、前年より71人増えた。男子高校生は21人増の191人だった。小学生は14人で中学生は136人。原因や動機は学業不振、進路の悩みが上位で前年と大きな差はなかった。

文科省は、小中学生1人1台のタブレット整備を進めており、委員から「自宅で過ごす子どもの心身の変化を見たり、担任によるアンケートやストレスチェックに使ったりできる。自殺予防でも大きな役割を果たす」と期待が寄せられた。

文科省は子どもたちにスマートフォンが普及していることから、SNS(交流サイト)を活用した相談体制の整備を進めている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン