/

第8回日経「星新一賞」、グランプリに村上岳氏

理系的な発想を問う短編小説を公募する第8回日経「星新一賞」(日本経済新聞社主催)の一般部門グランプリに村上岳(むらかみたけ)氏の「繭子」、ジュニア部門グランプリに窪田美空氏の「ケラの幸福論」、学生部門グランプリに橋口創一氏の「二〇五〇年度 K大学 入学試験問題(オンライン型・文理融合学類)」が決まった。

応募総数2339編より女優・作家の中江有里氏、メディアアーティスト・筑波大学准教授の落合陽一氏ら6人が最終選考に当たった。

ほかの受賞作は、一般の優秀賞(東京エレクトロン賞)が松樹凛氏「『ペンを取ってくれませんか?』」、同(アマダ賞)が明野海氏「詠人不知 よみびとしらず」、同(旭化成ホームズ賞)が大木裕史氏「インテリ金次郎」、同(スリーボンド賞)が鵜川龍史氏「時の器」、同(図書カード賞)が鈴木夢翔氏「犬。」。

また、ジュニアの準グランプリに高橋実鈴氏、優秀賞に森田晴月、山内佑真、加藤健の3氏、学生の準グランプリに泉空夜氏、優秀賞に中川朝子氏が選ばれた。

受賞作14編は2月下旬から電子書籍販売サイト「honto」で無料ダウンロードが可能。登録手続きが要る。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン