/

この記事は会員限定です

観光地で津波警報、どう逃げる 鎌倉の街で実験

防災フロンティア

[有料会員限定]

観光で訪れた海辺の街に津波警報が出たら――。津波の襲来が予想されたときは「すぐに高台に逃げる」が鉄則。土地勘のない観光客を適切なルートで適切な場所に速やかに誘導するにはどうすればいいか。早稲田大学の柴山知也教授(海岸工学・マネジメント)の研究室は神奈川県鎌倉市を舞台に効果的な避難対策を探っている。(藤田このり)

土地勘ない参加者

古都・鎌倉は室町時代の明応地震(1498年)や江戸時代の元禄地震(1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン