/

この記事は会員限定です

ゴーン被告逃亡、協力の2人移送に識者「障害なくなった」

[有料会員限定]

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(66)の逃亡に協力したとされる米国人の親子について、米最高裁が日本への移送差し止めを求める2人の申し立てを退けた。専門家は「法的な障害はなくなった」と指摘し、移送の公算が大きくなったとみる。身柄引き渡しが実現した場合、東京地検は既に2人を逮捕する方針を固めている。

陸軍特殊部隊グリーンベレー元隊員のマイケル・テイラー容疑者(60)と息子のピーター容疑者(27)は201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン