/

偽パト走行疑い書類送検 札幌、ハロウィーンの夜

北海道警は15日、札幌市の繁華街で10月31日のハロウィーンの夜に北海道警のパトカーを模した車を走行させたとして、道路運送車両法違反などの疑いで、いずれも同市清田区の30代と40代の男性を書類送検した。

書類送検容疑は、ススキノ近くの公道で映画やドラマの撮影用で車検のない「偽パトカー」を市の許可証をつけずに走らせるなどした疑い。

30代の男性は道内を活動拠点としてインターネットに動画を投稿する「ユーチューバー」で、調べに「過激な動画を上げて再生数を伸ばしたかった」と話している。

動画はツイッターで拡散され、道警が捜査していた。偽パトカーは、映画などの撮影用に特殊車両を提供する市内の会社が貸し出したもので、40代の男性は同社従業員。道警は道路運送車両法違反などの疑いで、同社も書類送検した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン