/

この記事は会員限定です

地方の事業承継、M&A使って 小山浩氏 

森・浜田松本法律事務所弁護士

[有料会員限定]

中小企業は地方において雇用確保の要であり、地方経済の活性化にとって必要不可欠である。中小企業の後継者不足は深刻で事業継続が困難なケースも多い。部品の製造事業自体は黒字だったが、親族と社員の中に後継者がみつからず、会社を解散・清算してしまった事例もある。

後継者不足の問題を解決する一つの方法がM&A(合併・買収)だ。同業他社や新規分野に参入しようとする会社がM&Aで会社の事業を承継すれば、基本的に雇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン