/

東京・調布、新たな空洞か 外環道トンネル工事現場近く

(更新)

陥没事故があった東京外郭環状道路(外環道)トンネル工事現場に近い東京都調布市の地中で14日、新たに空洞が見つかった。東日本高速道路が15日、発表した。

東日本高速がボーリング調査中、地表から約16メートルの地点で抵抗がなくなり、地下水がたまっているのを確認。調査の結果、幅4メートル、長さ10メートルの空洞と判明した。速やかに土砂などで埋める。

陥没は昨年10月に発生。付近では11月に空洞2カ所が見つかった。東日本高速は12月、「トンネル工事との因果関係を認めざるを得ない」として周辺住民らに謝罪した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン