/

諏訪之瀬島、警戒レベル2に 気象庁が引き下げ

気象庁は14日、鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを、3の「入山規制」から2の「火口周辺規制」に引き下げた。

諏訪之瀬島では昨年12月28日、御岳火口で噴火が発生。気象庁は同日、警戒レベルを2から3に引き上げた。同29日以降、火口から1キロを超えて飛散する大きな噴石は確認されず、火山活動の活発化を示すデータもないことから引き下げを決めた。小規模な噴火は続いており、火口から1キロの範囲では大きな噴石に注意するよう呼び掛けている。

気象庁によると、噴火が発生した昨年12月28日には、爆発(噴火)が28回あったが、その後は1日当たり0~2回と低調になっていた。地殻変動や火山ガスの放出量の観測でも、大きな変化が起きていない。

諏訪之瀬島には、2007年12月に警戒レベルを導入。レベル3は今回が初めてだった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン