/

この記事は会員限定です

自宅療養者の健康観察 保健所、在宅医や訪問看護師と連携

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で自宅療養者が増える中、保健所が自宅療養者の健康観察について在宅医療の医師(在宅医)やかかりつけ医、訪問看護師と連携する動きが出ている。高齢者や持病のある人が自宅療養中に容体が急変して死亡するケースが起きている。地域に根付く医師らと連携して健康観察体制を強化するとともに、保健所の業務負担を減らす狙いがあるという。

訪問医療は、自宅で療養する患者への医療行為で、医師が定期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン