/

東京都心で桜開花 平年より12日早く

(更新)

気象庁は14日、東京都心で桜が開花したと発表した。都心部の観測史上最も早かった昨年と同じ開花日で、平年より12日早い。今後、1週間から10日ほどで、満開を迎えそうだ。

標本木のソメイヨシノがある東京都千代田区の靖国神社では午後2時ごろ、東京管区気象台の職員が咲き具合を観測。基準となる5輪の開花を確認した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン