/

北アルプス乗鞍岳で雪崩、1人死亡 5人巻き込まれる

(更新)

14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市栄、自営業、戸田尚哉さん(49)の死亡が確認された。同県湖南市の男性(49)と野洲市の男性(41)も軽いけがをしたが、命に別条はない。ほかの2人はけががなく、自力で下山した。

戸田さんと、けがをした男性2人は一緒に登山中だった。

現場は、松本市の位ケ原(約2400メートル)の付近。斜面が幅約200メートル、長さ約300メートルにわたって崩れた。古い積雪の上に積もった新雪の層が滑り落ちる現象「表層雪崩」が起こったとみられる。乗鞍岳は、北アルプスの南端、長野と岐阜県境に位置する。

長野地方気象台によると、松本市乗鞍上高地で12日夜~13日昼にまとまった雪が降ったため、雪崩注意報を出していた。

けがをした湖南市の男性は、県警に対し「先を歩く人の『雪崩だ』という声で気付いたが、あっという間に巻き込まれ、倒れていた木に引っかかり止まった。全身埋もれていたが、右手を動かして、必死に雪をかき分け、顔を出して助けを求めた」と話したという。

また、14日午前8時50分ごろ、中央アルプスの千畳敷カールでも「雪崩が発生し、複数人が巻き込まれた」と登山客から地元消防に通報があった。県警駒ケ根署によると、愛知県日進市の男性(40)が病院に搬送されたが、命に別条はないという。〔共同〕

春の降雪後、雪崩に注意 「表層」前兆なし

14日に雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれた北アルプス乗鞍岳では、前日までに30センチ以上の雪が降っており、長野県警は「表層雪崩」が起きたとみている。専門家は「春、まとまった雪の後は表層雪崩が起きやすい」として、レジャー客に注意を呼び掛ける。

雪崩は大きく分けて、表層雪崩と全層雪崩の2種類ある。表層雪崩はすでに積もった古い雪の上に後から新雪が積もって崩れ落ちる現象。全層雪崩は地面の温度が上がり、積もった雪の全体が下層から滑り落ちる。

長野地方気象台によると、12日夜~13日昼には雪が多く降ったため、雪崩注意報を出していた。全層雪崩は斜面に亀裂が入るなどの予兆がある一方、表層雪崩は前兆なしに起こる。雪崩で雪が流れるスピードも速く、逃げるのは難しい。

NPO法人「日本雪崩ネットワーク」の出川あずさ理事によると、春にまとまった雪が降った後に表層雪崩が起き、多くの人が犠牲になったケースは過去にもあるという。

出川理事は「春まとまった雪が降ると、斜面は不安定になるが、数日たてば安定する。多く雪が降った直後に登山やスキーをする際は、地形をよく見て斜面の傾斜が緩い場所を選ぶなど注意してほしい」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン