/

この記事は会員限定です

養鶏業に「政官」頼る構図 現金・会食で攻勢

[有料会員限定]

吉川貴盛元農相(70)の汚職事件で、東京地検特捜部が15日、元農相と鶏卵生産大手元代表の2人を在宅起訴し、捜査は終結する見通しとなった。明らかになったのは、元代表側が期待する政策の実現に向け、利益提供をてこに政治家や現職官僚らへの接近を図った癒着の構図。業界に横たわる政官頼みの姿勢が鮮明になった。

起訴内容となった吉川元農相への3回の現金提供を巡り、鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループの秋田善祺元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン