/

福島第1原発5、6号機 燃料プールから水あふれる

東京電力は14日、福島、宮城両県で13日夜に起きた地震の揺れで、福島第1原発5、6号機の各原子炉建屋の上部にある使用済み核燃料プールなどから水の一部があふれ出たと明らかにした。建屋外への流出は確認されておらず、外部への影響はないという。第1原発が立地する福島県大熊町と双葉町では震度6弱を観測した。

東電によると、あふれた水が見つかったのは原子炉建屋最上階の5階で、プールからの核燃料取り出し作業などが行われるフロア。5、6号機でそれぞれ4カ所ずつ水たまりがあった。

ほかにも、各原子炉建屋から移した、使用済み核燃料を保管する共用プール建屋でも水があふれたのが確認された。福島第2原発(富岡町、楢葉町)の1号機にある使用済み核燃料プールでも微量の水があふれた。

5、6号機は2011年の東日本大震災時、非常用電源からの電力供給で冷却機能が維持され、過酷事故を免れた。1~4号機では、電力供給が途絶えて、核燃料が溶け落ちる炉心溶融(メルトダウン)や原子炉建屋の水素爆発が起きた。5、6号機は14年1月に廃炉となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン