/

解除急げば4月に再流行 東京のコロナ感染者数を試算

東京都の新型コロナウイルス新規感染者数が、緊急事態宣言解除の目安となる1日当たり500人を下回っても、直後に解除して対策が緩めば再び増加に転じ、4月中旬には「第3波」と同水準の再流行が起こる恐れがあるとの試算を、西浦博・京都大教授(感染症疫学)が13日、発表した。

一方で100人を下回るまで減らせば7月中旬まで大きな流行はないとしている。西浦氏は政府方針について「解除基準は長期的な見通しに基づいて決めるべきだ」と訴えた。

西浦氏は、1人から何人に感染が広まるかを示す「実効再生産数」に着目。宣言前に1.1だった実効再生産数が0.88まで下がった場合、2月24日に1日当たりの感染者数が500人を下回ると試算した。

ただ、ここで宣言を解除すれば実効再生産数は再び1.1程度に戻り、4月14日には千人以上の新たな流行が発生するとした。

一方、昨年4~5月の宣言時並みの厳しい対策を取れば、実効再生産数は0.72まで低下し、2月25日に感染者数が100人を下回る。その後、実効再生産数が1.1に戻っても、7月中旬まで新たな流行は生じないと分析した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン