/

報酬開示回避「違法だと思う」 日産元相談役が証言

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(66)の報酬過少記載事件の公判で、元会長に退任後の報酬の支払い方法を提案した一人とされる小枝至元相談役の証人尋問が13日、東京地裁であった。元相談役は、報酬の開示回避を「違法だと思う」と証言した。

小枝元相談役は、2003~08年にゴーン元会長との共同会長を務め、その後は相談役などに就いた。元代表取締役、グレッグ・ケリー被告(64)=金融商品取引法違反罪で起訴=の公判に出廷した。

証言によると、小枝元相談役と志賀俊之・元最高執行責任者(COO)は11年3月、未払い分の報酬を退任後に支払うための複数案をゴーン元会長に示した。検討に至った経緯は「覚えていない」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン