/

「10年前のよう」声震わせ 震災の被災地に強い揺れ

(更新)
地震で壊れた酒瓶を片付ける酒店の店長(13日午後11時40分ごろ、福島市)=共同

13日深夜、宮城、福島両県を最大震度6強の揺れが襲った。東日本大震災から間もなく10年。当時の記憶がよみがえる。「同じくらいの揺れだ」「いつ収まるのか」。津波を心配し、避難する住民も相次いだ。東日本の広範囲での停電も発生。またも強い揺れに見舞われた住民は、声を震わせ、眠れぬ夜を過ごした。

地震発生時に仙台市青葉区のコンビニで働いていた男性従業員は「ゴゴゴという地響きがして、東日本大震災と同じぐらいのものすごい揺れだった。怖かった」と表情をこわばらせた。店内には客が1人。一緒に外に避難してけがはなかったが、陳列棚から落ちた酒瓶が割れた。

宮城県石巻市の高台には、津波を心配して車で避難する住民が相次いだ。東日本大震災で自宅が全壊した主婦(50)は「突き上げるような揺れが2回ほど来た。これは10年前のように危ないなと思い、夫や娘と家財道具を車に積んで避難した。しばらくここで様子を見たい」と不安をあらわにした。男性会社員(50)も高台に避難。「津波の心配はないと言われても信じられない。10年前、苦い目にあったから教訓として逃げた」

地震のため家具が倒れ、家財が散乱した民家の部屋(13日午後11時20分ごろ、福島県郡山市)=共同

福島県南相馬市の「双葉屋旅館」では強い横揺れが数分間続き、食堂の棚が開いて食器が散乱した。おかみの小林友子さん(68)は「今回の方が最初の揺れは強烈だった。いつ収まるのかと思った」と落ち着かない様子。自宅2階で寝ていた福島県いわき市の女性公務員(46)も、10年前が頭によぎった。「思い出して怖かった。子どもたちをすぐに見に行った」

宮城県塩釜市の吉田万里子さん(76)は、寝付いた直後に強い揺れに見舞われ、立てかけていたテーブルが体に倒れかかってきた。「余震も怖い。1人暮らしでどうすればいいのか」と頭を抱えた。

JR福島駅の東口改札付近では、在来線が止まっており、駅員が乗客の対応に追われていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン