/

この記事は会員限定です

「被災弱者」今もなお 東日本大震災10年、届かぬ支援

[有料会員限定]

東日本大震災から10年が経過した。この間、被災者の生活再建や産業再生を目的に巨額の復興資金が投入されたが、被災地には今も、公的な支援制度から外れ、厳しい生活を余儀なくされる「被災弱者」がいる。

宮城県石巻市貞山。旧北上川につながる北上運河の近くで一人暮らしをする佐藤悦一郎さん(76)の自宅を外から見ると、被災の痕跡はない。しかし、1階の台所下や風呂場などは津波が運んできた泥などが残り、腐った柱に虫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン