/

「最大の難関、突破を」 東京五輪へ森会長あいさつ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が12日、職員に年頭のあいさつを行った。新型コロナウイルスは国内外で厳しい感染状況が続くが、延期された大会の開催に向けて「もし心の中に多少でも迷いがあれば、全てに影響してくる。淡々と予定通り進めていく」と改めて決意を表明。「長い夜も必ず朝は来る。一丸となってこの最大の難関を突破するよう頑張りましょう」と呼び掛けた。

武藤敏郎事務総長は「大会がどうなるのか、という問いを発するのではなく、このような状況でどうすれば大会を開催することができるのかを考えるのがわれわれの使命だ」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン