/

藤井、銀河戦最年少優勝 将棋テレビ棋戦

(更新)
第28期銀河戦決勝で、糸谷哲郎八段(右)と対戦する藤井聡太二冠(東京都渋谷区の将棋会館)=日本将棋連盟提供・共同

将棋の藤井聡太二冠(18)は、12日に放送されたテレビ棋戦の第28期銀河戦決勝で、元竜王の糸谷哲郎八段(32)を破り、同棋戦最年少の18歳2カ月(対局日は10月15日)で優勝を飾った。タイトル戦以外の一般棋戦での優勝は朝日杯オープン戦2回、新人王戦1回を合わせて4回目。

また一つ栄冠を手にした高校生プロは「銀河戦の決勝は初めてで緊張感があったが、落ち着いて指せた。結果を出せてうれしく思っている。優勝を機により一層、精進していきたい」と話した。

これまで、銀河戦で最も若い優勝は2005年、渡辺明三冠(36)の21歳4カ月。早指し棋戦の銀河戦は、持ち時間各15分に考慮時間各10分がつく。藤井二冠は決勝トーナメント準々決勝で永瀬拓矢王座(28)、準決勝では前王位の木村一基九段(47)を破り、決勝に進んでいた。

藤井二冠は7月に棋聖戦5番勝負で渡辺三冠を下し、最も若い17歳11カ月でタイトルを奪取。8月には王位戦7番勝負で4連勝し、最年少の18歳1カ月で王位と棋聖の二冠となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン