/

ファイザーのワクチン、日本に到着

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
新型コロナウイルス感染症ワクチンを載せ、ベルギーのブリュッセルから成田空港に到着した航空機。荷物が次々と降ろされていた(12日午前)=共同

関係者によると、新型コロナウイルス用の米製薬大手ファイザー製のワクチンが12日、航空便で日本に到着した。新型コロナのワクチンが国内に届くのは初めて。厚生労働省の承認手続きを経て、来週以降、医療従事者向けの接種が始まる。

ファイザーが製造拠点を置くベルギーから、全日空の貨物便で12日午前10時半ごろに成田空港に到着した。極低温の保管状態を維持したまま、接種の場となる医療機関などに運ばれる。

政府はファイザーとの間で2021年中に1億4400万回(7200万人)分の供給契約を結んでいる。ワクチンは12日の厚労省の専門部会で安全性や有効性が議論され、承認が認められる見通し。承認されれば2月中旬から医療従事者向けの接種が始まり、4月以降に高齢者を対象とした接種が進む。さらに基礎疾患のある人などへの接種の後、一般向けの接種が行われる。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン