/

東大に「大江健三郎文庫」 自筆原稿1万枚超を寄託

東京大は13日までに、ノーベル賞作家、大江健三郎さん(86)の1万枚を超える自筆原稿など、計約50点の資料が文学部に寄託されたと発表した。同学部は今後、資料を管理する「大江健三郎文庫」(仮称)を設立し、研究者向けに公開する方向で検討している。

 東京大に寄託された小説「同時代ゲーム」の自筆原稿=東京大文学部提供・共同

資料は大江さんの自宅のほか、著作の版元である講談社や文芸春秋に所蔵されていたもの。大半が自筆原稿で、校正刷りなども含む。初期の「死者の奢(おご)り」(1957年)から中期の「同時代ゲーム」(79年)、「晩年様式集」(2013年)まで幅広い小説作品が含まれ、推敲(すいこう)の様子などがうかがえる。

 大江健三郎さん=共同

「文庫」の設立時期は未定だが、大江作品を中心に日本近代文学の世界的研究拠点と位置づける方針という。文学部の阿部賢一准教授は「原稿には作家の試みが投影されており、最終稿までの道筋が立体的に見えてくる。世界文学の作家をあらためて見直す機会になる」と話している。

「大江健三郎全小説」(全15巻、講談社)が19年に完結したのを機に、出版社などの保管資料を大江さんの母校に移管したいとの関係者の申し出を受け、検討してきた。

大江さんは1935年愛媛県生まれ。東京大在学中に作家デビューし、58年に「飼育」で芥川賞を受賞。94年には川端康成に次ぐ日本人2人目のノーベル文学賞受賞者となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン