/

キム・ギドク氏が死去、韓国の映画監督 コロナに感染

(更新)

キム・ギドク氏(韓国の映画監督)聯合ニュースによると、新型コロナウイルスに感染し、訪問先のラトビアの病院で12月11日未明に死去。59歳。

2012年に「嘆きのピエタ」がベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞に輝き、韓国の鬼才と呼ばれた。17年には撮影中に俳優の女性に平手打ちしたなどとして告訴され、略式起訴された。その後活動の拠点を海外に移していた。ラトビアでは永住計画を立てていた。(ソウル=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン