/

三菱電機新入社員、自殺で労災認定 仕事の強いストレス

三菱電機の20代の男性新入社員が2019年8月に自殺した問題で、仕事の強いストレスにより精神障害を発症したのが原因として尼崎労働基準監督署(兵庫県)が労災認定していたことが11日、分かった。遺族の代理人を務める嶋崎量弁護士が東京都内で記者会見し明らかにした。認定は2月26日付。

嶋崎弁護士はストレスの詳しい内容は不明とした上で、職場で「自殺しろ」などと言われたとする書き置きの存在を挙げ「いじめや嫌がらせが事実認定されたのではないか」と指摘した。

三菱電機は取材に対し「本件を重く受け止め、今後、真摯に対応していく」と回答。社長や関係する役員を追加処分することも表明した。

嶋崎弁護士によると、男性は19年4月に入社。同年7月、尼崎市の職場に配属され、翌8月に自殺した。現場から書き置きが見つかり、教育主任から7月上旬以降に浴びせられた「次、同じ質問して答えられんかったら殺す」「飛び降りるのにちょうどいい窓あるで、死んどいた方がいいんちゃう?」などの発言が記されていた。

男性の遺族は弁護士を通じ「一生懸命に育てた子どもがこんなことになりまだ受け入れられない。若者がたった数カ月で自ら命を絶ってしまうほど追い込まれる状況、仕打ちとはどれだけのものだったのか。会社には真摯な反省と説明を望む」とのコメントを出した。

兵庫県警が19年11月、教育主任の男性社員を自殺教唆容疑で書類送検したが、神戸地検は昨年3月、嫌疑不十分で不起訴にした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン