/

この記事は会員限定です

横浜赤レンガ倉庫(横浜市) レンガに詰まる港町の歴史

[有料会員限定]

みなとみらい線馬車道駅(横浜市)から海に向かって6分ほど歩くと、レトロな面影を残す2棟の赤レンガ造りの倉庫が姿を現す。全長約150メートルの2号館とその半分の長さの1号館に挟まれた広場で、今年もクリスマスマーケットが開催されている。

イルミネーションで飾られた一帯に幻想的な風景が広がり、新型コロナウイルス下でも多くの人でにぎわう。毎年訪れるという横浜市の40代女性会社員は「横浜港のシンボルを見なが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン