/

性暴力被害の支援、全国365日対応へ 25年までに

性暴力被害者の治療や相談に応じる「ワンストップ支援センター」を巡り、内閣府は全ての都道府県で365日対応できる体制整備を2025年までに目指す。現状は一部の都道府県にとどまっている。被害者を迅速に支援し泣き寝入りを防ぐ狙いがある。政府が20年12月に閣議決定した男女共同参画基本計画に盛り込まれた。

ワンストップ支援センターは、性暴力被害に遭った直後から総合的な支援を1カ所で提供する施設。産婦人科の診察やカウンセリング、警察・弁護士への連絡などを担う。各都道府県に1カ所以上あるが、休日を含め365日対応できるのは東京や愛知、大阪など20都府県にとどまっている。

性被害への対応には急を要する項目も多い。緊急避妊や、被害者の体に残る加害者の体液の証拠採取などが挙げられる。このため内閣府はセンターの人員を増やすなどした都道府県に交付金を配り、対応の強化を促す。

ワンストップ支援センターには、民間団体が運営する場合や、行政が関与している場合がある。男女共同参画基本計画は、このうち行政が関与するワンストップ支援センターを25年までに60カ所設置する目標を掲げた。

ドメスティックバイオレンス(DV)に対応する配偶者暴力相談支援センターも119カ所(20年4月時点)から150カ所への拡大を目指す。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン