/

浮上時、艦内連絡不適切か 潜水艦衝突で捜査着手

海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」が高知県足摺岬沖で貨物船と衝突した事故で、潜水艦が海中から浮上する際の艦内の報告や指示が不適切だった可能性があることが10日、政府関係者への取材で分かった。第5管区海上保安本部(神戸)は業務上過失往来危険や業務上過失傷害容疑の捜査に移行すると明らかにした。

5管が神戸港で相手の香港船籍の貨物船「オーシャン・アルテミス」を調べた結果、船首付近にへこみや擦り傷を確認した。貨物船は公海航行中の外国船のため、任意の調べとなる。運輸安全委員会も10日、衝突したとみられる貨物船を神戸港で調査するため、新たに地方事故調査官3人を指名した。同日、現地で調べを始めた。

政府関係者によると、潜水艦は浮上の際、船体の向きを変えながら水中音波探知機(ソナー)で周囲を探り上昇する。海面近くになると、潜望鏡やレーダーなども活用し、洋上の状況を確認。一連の情報は艦長などに報告され、最終的に安全と判断すると船体を海上に出す。

複数の確認手段が決められているため、途中に一つミスがあっても、事故に発展する可能性は低い。今回は海面近くまで上昇した段階になり、潜望鏡で相手船を発見。よけきれずにぶつかっており、浮上途中での艦内の意思疎通に問題があった可能性がある。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン