/

東京の男女3人が変異種感染 2人は英国滞在者と会食

厚生労働省は10日、東京都の20代の男女3人について、英国で流行する新型コロナウイルスの変異株への感染を確認したと発表した。うち2人は英国から到着後に陽性が判明した30代の男性と会食していた。この男性は当時、健康観察期間中だった。飲食には約10人が参加していたが、ほかに感染者はいないとみられる。

同省はクラスター対策班を派遣して調査している。

30代男性は昨年12月22日に英国から入国し、同29日に陽性が確認された。到着後の健康観察期間中に、変異株への感染が今回確認された2人を含む約10人で会食した。2人は同30日と今年1月2日にそれぞれ発症した。

今回、変異株への感染が確認された男女3人のうち、残る1人は英国から到着後に陽性が判明。その後、変異株への感染が確認された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン