/

この記事は会員限定です

野村議員側に20万円超、鶏卵元代表 派閥報告書記さず

[有料会員限定]

自民党の野村哲郎参院議員(77)側が、元農相で自民党の吉川貴盛衆院議員(70)に現金500万円を提供したとされる鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループの元代表(87)から、派閥の政治資金パーティー券代として現金20万円超を受領していたことが9日、分かった。

政治資金規正法は20万円を超えるパーティー券の支払者について政治資金収支報告書に記載するよう義務づけているが、派閥の「平成研究会」(現竹下派)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン