/

この記事は会員限定です

高級盗難車の「戸籍」、再輸入車を偽装 売買広げる懸念

[有料会員限定]

高級車の盗難を巡り、盗みの痕跡を消す巧妙な手口が警視庁の捜査で明らかになった。車両1台ずつに与えられた「車台番号」を実在した輸出車のものと偽り、再輸入を装って車検に合格させる。「車の〝戸籍〟のロンダリング(洗浄)」は盗難車の売買を活発にさせかねず、国土交通省も警戒を続けている。

警視庁が10月、盗難車の車検を不正に申請したとして、男2人を偽造有印公文書行使などの疑いで逮捕した。盗んだ車は、そのまま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン