/

法定刑超える違法判決 東京地裁、地検がミス

(更新)

わいせつ電磁的記録所持罪に問われた男2人の裁判で、東京地裁(井下田英樹裁判官)が法定刑の上限を6月超える違法な判決を言い渡したことが9日、分かった。東京地検が誤って求刑し、2人の弁護人も気付かなかった。地検は判決を是正するため、同日控訴した。弁護側も控訴している。

同罪の最高刑は懲役2年、罰金250万円と規定されている。検察側は1月21日の初公判で2人に懲役2年6月、罰金100万円を求刑。弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。

地裁は同28日、それぞれ懲役2年6月、執行猶予4年、罰金80万円と、懲役2年6月、執行猶予5年、罰金50万円の判決を言い渡した。

地検によると、判決言い渡し後に公判部の職員が確認作業をする中でミスが判明。2人には弁護人を通じ、誤った求刑をしたと謝罪した。

地裁は地検からの連絡受けて把握した。裁判官の法定刑の確認不足が原因とされる。

地裁の後藤博所長は9日、「このような事態が生じたことは遺憾である」とのコメントを出した。地検は「基本的な確認を怠った。深く反省し、今後、より一層の点検確認を行い再発防止に努めたい」としている。

判決によると、2人は昨年11月、共謀して東京都新宿区歌舞伎町でわいせつなDVD21枚を所持した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン