/

大幡池に警戒レベル運用 九州・霧島連山、30日から

気象庁は9日、宮崎、鹿児島両県にまたがる霧島連山の火山湖「大幡池」で、30日午後2時から噴火警戒レベルの運用を始めると発表した。火山活動に特段の変化がなければレベル1「活火山であることに留意」を適用する。

気象庁は近くの大幡山火口から噴火した場合も「大幡池」として噴火警報などを出す。霧島連山の火口は「新燃岳」「御鉢」「えびの高原(硫黄山)周辺」の3つでレベルが運用されており、今回で4カ所目となる。

気象庁によると、大幡池は平穏な状態が続いているが、小規模な火山ガスの噴出が観察され、噴火が想定される。周辺の調査から約7100年前には大幡山から溶岩流が約4キロ流れ下ったほか、約6500~7千年前には大幡山で水蒸気噴火が発生した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません