/

艦橋にゆがみ、かじ折れる 潜水艦衝突事故で海保調査

(更新)
民間商船と衝突した潜水艦「そうりゅう」の損傷部分を調べる関係者(9日午前、高知港沖合)=共同

海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」が高知県足摺岬沖で民間商船と衝突した事故で、そうりゅうは艦橋のゆがみや、船体中央から横に延びる「潜舵(せんだ)」のうち右舷側が折れ曲がるなどの損傷があったことが9日、海自への取材で分かった。潜舵は航行時の深さを調整する役割がある。そうりゅうはアンテナも損傷して外部との通信が一時不能になり、事故発生を連絡できるまで3時間以上かかる結果になった。

第5管区海上保安本部(神戸)は9日午前7時から高知港でそうりゅうの調査を始めた。岸信夫防衛相は9日の閣議後の記者会見で「安全手順の再確認を徹底する」と話した。民間商船側に衝突時の振動や船体のダメージがなかったことを確認したと明らかにした上で「国民に多大な心配をかけ、大変申し訳なく思う」と語り、海上保安庁の調査に全面的に協力する意向を示した。海上幕僚監部に事故調査委員会を設置し、原因の調査を始めたと説明した。

加藤勝信官房長官は9日の閣議後の記者会見で「国民に大変な心配をかけて申し訳ない。事故原因の究明を徹底し、再発防止に取り組む」と述べた。接触で潜水艦の通信手段が不通になったことについて「改善すべき課題だ。防衛省で強い問題意識をもって検討すべきだ」と指摘した。

高知港沖合に停泊する民間商船と衝突した潜水艦「そうりゅう」(9日午前、高知市)=共同

5管によると、高知海上保安部の巡視船「とさ」をそうりゅうに派遣し、外観の撮影や艦内に乗り込んで調べを進めるとしている。

海保関係者によると、衝突した相手の商船は香港船籍の貨物船「オーシャン・アルテミス」で、乗組員は中国人約20人という。5管によると9日、神戸港に到着する予定で、海保の潜水士が船体を調べる。

防衛省によると、衝突は8日午前10時55分ごろ、海中から浮上しようと、潜望鏡を上げた際に発生。潜水艦の乗員3人が軽傷を負った。司令部への第1報は携帯電話を使って午後2時20分ごろになった。5管には海自の呉地方総監部から「そうりゅうが一般船舶と接触したとみられる」と連絡があった。そうりゅうは自力航行が可能で8日深夜、高知港に入った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン