/

この記事は会員限定です

東京の感染拡大、若年層の検査増が影響か 政府分科会

[有料会員限定]

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は8日、東京で感染者の数が急増していることについて「疫学的に異常な増え方をしている」との見解を示した。自宅療養中に死亡した人の報道などを受け、これまで検査を積極的に受けてこなかった若い世代の検査が増えた可能性を指摘した。

東京都の感染者数は昨年末まで1000人未満だったが、大みそかの12月31日に1300人超と急増した。今月7日、8日には2日連続で感染者が2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン