/

学校での合唱は原則マスク着用、文科省が通知

文部科学省は8日、学校で合唱する際には原則としてマスクを着用するなど、新型コロナウイルス対策を徹底するよう都道府県教育委員会などに通知した。埼玉県川越市と兵庫県市川町の中学校で、合唱が関係するとみられる生徒や教員の集団感染が判明していた。

文科省は通知で、マスクをしている場合でも、子ども同士や指導者らの間隔を可能な限り2メートル、最低1メートルは空けるよう要請。連続した練習時間はできる限り短縮した上で、室内では常時窓を開けるなどして十分な換気を求めた。マウスシールドはマスクに該当せず、フェースシールド着用も推奨しないと明記した。

マスクが苦しくて歌いづらい場合には2メートル以上の距離を取って外すことも考えられるとしたが、感染が拡大している地域では未着用の合唱は一時制限も必要と注意喚起。一方、屋外で十分な距離を確保し、向かい合わなければ着用しないことも考えられると記した。

萩生田光一文科相は8日の閣議後記者会見で「川越では合唱練習でマスクを外す場面もあったと聞いている。合唱コンクールを全国一斉に中止すべきだと発信するつもりはなく、ぜひ気をつけてやってもらいたい」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン