/

ロイヤル小林さんが死去、ボクシング世界王者

 スーパーバンタム級世界王者となり祝福される小林和男さん(1976年10月、蔵前国技館)=共同

小林 和男氏(こばやし・かずお=元世界ボクシング評議会=WBC=スーパーバンタム級王者)11月17日、食道がんのため死去、71歳。告別式は近親者で行った。

自衛隊で競技を始め、1972年ミュンヘン五輪フェザー級でベスト8。ロイヤル小林のリングネームで73年2月にプロデビュー。積極的に倒しにいく強打を武器に「KO仕掛人」の異名を取り、76年10月に五輪日本代表で初めてプロの世界王者となった。81年10月の試合を最後に引退。プロ戦績は43戦35勝(27KO)8敗。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン