/

司法予備試験442人合格 合格率4.17%、過去最高

(更新)

法務省は8日、2020年の司法試験予備試験に計442人が合格したと発表した。19年より34人減ったが、合格率は4.17%で、11年の試験開始以降最高となった。合格者は法科大学院を修了しなくても5年間、司法試験を受験できる。

20年の予備試験出願者は1万5318人で、受験者数は1万608人。新型コロナウイルス感染拡大の影響で試験日程を延期し、出願者が希望すれば受験料を返還する措置を講じたため、受験者が減ったとみられる。

合格者のうち出願時に大学生だったのは243人、法科大学院生だったのは95人。男性は367人、女性は75人だった。今年1月末時点の合格者の平均年齢は25.89歳。最年少は18歳、最年長は59歳だった。

予備試験は経済的な事情などで法科大学院を修了できない人が、司法試験の受験資格を得られる制度。近年は法曹への近道として挑戦する傾向が強まっており、20年司法試験での予備試験ルートの合格者は378人で、合格率は89.36%と過去最高だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン