/

横浜刑務所、受刑者200人移送 クラスター発生

新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した横浜刑務所(横浜市港南区)で、受刑者約200人を外部の刑事施設に移送していたことが8日、同刑務所への取材で分かった。単独室に収容して感染拡大を防ぐためで、全国的に異例の措置という。

横浜刑務所や法務省によると、7日までに新たに刑務官と受刑者の計15人の感染が明らかになり、昨年12月15日以降の感染者は計146人となった。今年1月にクラスターを発表した当時の収容者は889人。このうち約200人を外部施設に移送した。その後、感染は収束したと判断し、受け入れを再開している。

受刑者がプラスチック製品の組み立て作業を行う工場で、1月8、9日に受刑者計25人が感染し、クラスターが発生。刑務作業をすべて中止し、法務省が昨年4月に策定したガイドラインに沿って、職員、受刑者の往来制限も実施している。1月以降、受刑者や職員に延べ約3100回の検査を行った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン