/

この記事は会員限定です

宣言再延長の首都圏、人出減らず 対策に手詰まり感も

(更新) [有料会員限定]

政府が緊急事態宣言を再延長した8日、対象となった首都圏の朝の人出は大きく減らなかった。政府や自治体は日中を含めた不要不急の外出自粛やテレワークによる出勤7割減を引き続き求めているが、人出の抑制にはつながっていない。感染者の減少ペースも鈍っており、専門家の間では対策の手詰まり感を指摘する声も出ている。

ドコモ・インサイトマーケティング(東京・豊島)が提供する携帯の位置情報データを分析した。感染拡大前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン