/

この記事は会員限定です

医療機関のセキュリティー強化 厚労省が指針改定へ

[有料会員限定]

医療機関に対するサイバー攻撃への備えを強化するため、厚生労働省は近く情報セキュリティーのガイドラインを改定する。海外では医療機関がランサムウエア(身代金要求型ウイルス)の被害に遭うケースも相次ぐ。国内でも医療機関のセキュリティー意識を高め、情報を集約して対策に生かす。

厚労省は「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」を2005年に策定してから改定を重ねており、17年5月の改正個人情報保護...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン