/

前橋市職員を逮捕、官製談合疑い 価格漏えいか

群馬県警は7日、前橋市発注の道路工事と公園工事の指名競争入札で予定価格を漏らしたなどとして、市総務部の審査契約室課長補佐、薊礼二容疑者(50)ら計3人を官製談合防止法違反などの疑いで逮捕した。

県警は同日、市役所を家宅捜索した。

ほかに逮捕されたのは、土木工事会社の元役員、深沢良一容疑者(69)と、設計施工会社役員、女屋正容疑者(58)。

逮捕容疑は2020年、薊容疑者がそれぞれと共謀し、道路改良工事入札の予定価格を深沢容疑者に、公園施設整備工事入札の予定価格を女屋容疑者に教え、それぞれの会社に落札させた疑い。

県警は3人の認否を明らかにしていない。

県警によると、道路工事は予定価格1149万円に対し、1130万円で落札。公園工事は予定価格405万円に対し390万円で落札された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン