/

この記事は会員限定です

ネット中傷、光る「人の目」 行間読み侮辱や共感判断

[有料会員限定]

インターネット上にあふれる心ない中傷が目に触れないよう、人工知能(AI)を使った非表示や削除が広がる。ただ、万全ではない。微妙な表現の含意までは判断できず、過剰に言葉を狩る恐れがある。被害を減らし、自由な空間も維持する。難題に取り組む裏側には、人の目による地道な作業がある。(榎本行浩)

「侮辱に当たるのでミュート(非表示)にしよう」「これは共感なので問題ないね」

IT(情報技術)関連企業「GMO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン