/

この記事は会員限定です

バス・タクシー運転手、体調急変で死傷事故急増

運転不能6年で2.4倍、先進技術で防止の動きも

(更新) [有料会員限定]

バスやタクシーの運転手の高齢化を背景に、運転中の体調急変に伴う事故が急増している。2019年の統計で運転者の疾病が原因で運転を取りやめたケースは6年間で2.4倍に増えた。国土交通省は4月、事業者側に従業員の健康管理を徹底させる仕組みを導入したが、運転手が体調不良を自己申告しやすい環境づくりも不可欠だ。

今年1月、東京都渋谷区の横断歩道でタクシーが歩行者をはね、1人が死亡、5人が重軽傷を負った。警視...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン