/

この記事は会員限定です

タックスヘイブン巡る税務処理にリスク 企業側敗訴続く

[有料会員限定]

租税回避地(タックスヘイブン)を巡る国税当局の課税処分取り消しを求める訴訟で、企業側の敗訴が続いている。2月にはサンリオ、3月にはみずほ銀行が東京地裁で敗訴した。悪質な税逃れを行っていたわけではないが、租税回避を防ぐ税制が適用された。簡単に法人をつくれるなど税以外の利点からも日本企業が租税回避地を利用する場面は多いが、思わぬ税務リスクが膨らんでいる。

みずほ銀行は過去の資本増強策に関し国税当局に外国子会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン