/

この記事は会員限定です

安倍氏不起訴 政治資金、責任追及は秘書中心

(更新) [有料会員限定]

「桜を見る会」前夜祭を巡る一連の問題で、東京地検特捜部は政治資金規正法違反などの疑いで告発された安倍晋三前首相を不起訴とし、公設第1秘書を略式起訴した。安倍氏は政治資金収支報告書への不記載の認識を否定したとされる。過去の多くの事例と同様、政治家本人の責任追及に至らない決着に、専門家からは法律の限界を指摘する声も上がる。

特捜部の捜査は、前夜祭を主催した政治団体「安倍晋三後援会」の代表だった配川博...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン