/

日本製鉄の工場で火災 愛知・東海、けが人なし

(更新)

7日午前0時半ごろ、愛知県東海市東海町にある日本製鉄名古屋製鉄所から「設備が延焼している。爆発の恐れがある」と119番があった。同市消防本部などによると、敷地内の工場内部で火災が発生。工場内にあるラインを焼くなどし、午前3時半すぎに鎮火した。県警東海署によると、けが人はいない。

当時工場は稼働中で、設備から火の手が上がっているのを作業員が見つけた。同署が詳しい状況を調べている。

出火時には「油が燃えている」との情報があった。日本製鉄の担当者は、薄い鉄板の油を取り除く洗浄ラインから出火したとしている。工場の外に火は広がらなかった。

同社のウェブサイトによると、名古屋製鉄所では、乗用車やトラックに使用される薄板製品などを製造している。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン