/

この記事は会員限定です

農水行政巡る政官の問題、過去にも 生産者側と近く

[有料会員限定]

吉川貴盛元農相(70)の現金受領疑惑を巡り、東京地検特捜部が25日、関係先の家宅捜索を始めた。農林水産行政は生産者側との距離が近く、政官業の親密ぶりは過去にも問題視されてきた。閣僚経験者と業者が深めたとされる癒着の実態解明に向けて特捜部の捜査が本格化する。

吉川氏は農相当時、鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループ元代表(87)から現金500万円を受領した疑いがある。疑惑は農水行政と所管業界の関係性が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン