/

ワクチン接種でアナフィラキシー初報告 投薬で症状改善

(更新)

厚生労働省は5日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを接種した医療従事者の30代女性が、急性の重い副作用であるアナフィラキシーを起こしたと発表した。投薬後、症状は軽快したという。アナフィラキシーの国内での報告は初めて。

厚労省によると、女性は5日に接種。5分以内にせきが出て、全身のかゆみのほか、呼吸が速くなったり、まぶたの腫れが出たりした。

アドレナリン注射などの治療を行うと、症状は改善した。女性はぜんそくや甲状腺機能低下症といった基礎疾患があったという。報告した医療機関は、アナフィラキシーの発症はワクチン接種と関連があるとみている。厚労省は今後、専門家による因果関係の評価を行う方針。

政府はアナフィラキシーなどの副作用に備え、コロナワクチンの接種を受けた人に少なくとも15分間、接種会場で待機するよう求めている。

厚労省の医薬品安全対策に関する専門調査会の会長を務める岡明・埼玉県立小児医療センター病院長は「適切な治療で症状は軽快したと考えられる。どのワクチンにもアナフィラキシーを起こす可能性はあり、接種後15分以上の観察期間の周知と、適切な対応が重要だ」と指摘している。

米疾病対策センター(CDC)などによると、ファイザー製ワクチンによるアナフィラキシーは20万回に1回の割合で起きている。

ファイザー製ワクチンは国内で2月17日から接種が始まり、3月5日夕時点で4万6469人が接種した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン