/

この記事は会員限定です

押絵羽子板(埼玉・春日部) 新春彩る伝統の職人芸

[有料会員限定]

350年以上続く浅草寺(東京・台東)の「浅草寺歳の市(羽子板市)」。2020年末は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小したが、境内には色とりどりの「押絵羽子板」が並んだ。その一大産地が埼玉県春日部市だ。

羽根つきには厄払いの意味が込められている。江戸時代に日の出や七福神、松竹梅など縁起物を描くようになり、町人文化が栄華を極めた元禄文化で歌舞伎役者の図柄が登場。その後、押絵の技術を取り入れ、明治時代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン